不動産担保ローンのメリットとデメリット。

不動産担保ローンの、おどろきメリットと怖いデメリット。

不動産担保ローンのメリットとデメリット。

不動産担保ローンとは、保有する不動産(土地や建物など)を担保にして資金を借りるローンのことです。

ローンの種類の中でいうと、有担保のフリーローンという金融商品です。

その不動産担保ローンを、これから利用しようとお考えの方へ、『岩倉祐輔の不動産担保ローン耳寄りナビ(http://halfmoonoxford.com/)』を参考に、5つのお役立てポイントをご紹介します。

ご参考になさってくださいね。

まず、1つ目。

不動産担保ローンのメリットとデメリットについてです。

メリットは、比較的低い金利で高額な借り入れができること。

「不動産」という安全性や価値が高い担保を設定しているので、無担保のフリーローンよりも低金利でまとまった金額の借り入れができて、長期の借り入れ期間を設定することができます。

また、フリーローンなので、借りたお金の用途は自由。

おまとめローンなどに利用することもできます。

一方、デメリットですが、万が一返済ができなくなった時に不動産を金融会社に売却され、大切な自分の財産を失う可能性があるということ。

また、不動産は価格に変動があるものなので、万が一の時に担保としての価値が下がる可能性もあります。

その価値が下がった時に借りた金額よりも下がった場合は、追加として担保を出す必要性が発生します。

これを「追加担保」といいます。

これは、不動産を担保にする危険性といっていいかもしれません。

しっかりと計画を立てて、不動産担保ローンを上手に利用しましょう。